FC2ブログ

ブログ・タイトルのひみつ!

このブログを立ち上げるにあたって
ブログタイトルを何にするか、結構悩みました(笑)

それにも関らず、「山陰みちしるべ」という
地味なタイトルを付けてしまい、さらに悩みました(大笑)

山陰のマーケティング戦略を検討するブログなので
鳥取島根が発展・成長するような提言を行い
このブログ山陰の将来進むべき道しるべとなればいいな
という思いでタイトルを付けました。

実は、ブログ立ち上げ当初
鳥取」と「島根」を別々のブログで運営することも考えていました。

が、それは止めました。

なぜなら、私の周りの人=九州の人たちの中で
鳥取県と島根県の区別がつかない人が多いからです。

例えば、地理的なことです。
日本地図で言えば、鳥取県は右側、島根県は左側に位置しますが
私の周りには左右反対に覚えている人がいます。

左右反対ならまだ良いのですが、日本の中の
どのあたりに位置するのかさえ知らない人もいます。

また、大山が島根県にあると思っている人や
松江市が鳥取県の中にあると思っている人もいます。

山陰に住んでいる人にとっては信じられない話ですが
まぎれもない事実です。

そんな私の周りの人たちも「山陰」がどこにあるかは
大体知っています。

大山や松江市が山陰にあることも知っています。

このブログが掲げるマーケティング・ビジョンでは
県外に住む顧客をターゲットとしているので

彼らにとって認識ある「山陰」で
鳥取島根の観光・産業を考えていきたいと思います。

マーケティング的に考えても
鳥取・島根両県が個々に実行していくよりも山陰ブランドの下
産業界では1つのものとして、他県に向けて発信する方が
効果・効率が良いのではないかと思います。

スポンサーサイト



tag : 山陰 鳥取 島根 ブログ タイトル

インダストリアル・レボリューション

少々、大げさなタイトルを付けてしまいました(笑)

突然ですが、

Q1.皆さんは、鳥取島根基幹産業をご存知でしょうか?
(農業や土木工事などでしょうか?)

ちなみに、私は明確な答えを知りません。(勉強不足ですみません…苦笑)
恐らく、県内様々なエリアによって異なるでしょう。

Q2.それでは、今後山陰を成長させるための原動力となるべき
基幹産業は一体どのような産業でしょうか?

(その答えは、このマーケティング・ビジョンをご覧ください!)

山陰に住む人たちの意識の中で
インダストリアル・レボリューション(産業革命)を
起こさなければなりません。

もし、それが定着すれば、やがて山陰の産業は
基幹産業=観光業や県外向けの製造業」
「県内住民向けの産業・仕事は全て補完産業」となり
県民の産業に対する考え方が一変すると思います。

例えば、同じ農業であっても、
県内消費向け⇒補完産業
グリーンツーリズム基幹産業
となります。

世界的な観光地・ハワイの住民は、自分たちの経済・産業が
観光客によって成り立っていることを自覚しています。

要するに意識の問題です。

一人一人が意識し、自覚することで産業は変化し、発展します。
そして、基幹産業を盛んにすることで、実は補完産業も盛んになることを
私たちは認識する必要があると思います。

マーケティング・ビジョン
で掲げた内容を意識し、
新しい基幹産業を育てて、山陰をもっともっと発展させる必要があると考えます。

tag : 山陰 鳥取 島根 基幹産業 グリーンツーリズム

農産加工のカラクリ

前回、マーケティング・ビジョンの一つとして
県外向けの農産・魚介加工品について提案いたしました。

記事を読んでいただいた方の中には、わざわざ加工しなくても
そのまま商品を出荷・販売すれば良いのでは?
と疑問に思われたかもしれません。

また、既に野菜や魚介をそのまま状態で、鳥取島根以外に
出荷されている農業漁業関係者の方もいらっしゃると思います。

ぜひ、それは今までどおり続けて下さい。

山陰の新鮮な野菜や魚介を県外の方に
食べていただくことはとても良いことですし、
それだけの需要があると思います。

それでは、なぜ私がこのブログで農産品の加工を
提案するかといいますと…

1つ目の理由は、
農産品をそのまま出荷・販売する既存のルートに加えて
加工品という別ルートを設けることで
更なる売上げ(収入)が獲得できるからです。

2つ目の理由は、
加工する前の野菜・魚介については
品質の差が明らかでない限り、消費者からみて
商品の違いを見分けるのは困難です。

また、商品の違いを見分けられないうえに
消費者自身に産地のこだわりがない限りは
値段が安い方の商品が購入され、山陰以外の
野菜や魚介が選択される可能性も十分にあります。

つまり、差別化しにくいということです。

加工品の場合は商品企画・開発によって
オリジナリティの高い商品を作りだすことができ
ヒット商品ともなれば、高い売上げも見込めます。

3つ目の理由は、
雇用のメリットです。

加工というプロセスがあることで
原材料を生産する農家に加え、
商品加工に携わる人の雇用が創出できます。

以上のような理由によって
鳥取島根に高い経済効果が生まれます。

この事業を行えるのも
山陰に豊かな自然、豊富な資源
農業漁業のノウハウがあるからこそです。

せひ、それらを活かしてみましょう!

tag : 山陰 鳥取 島根 農業 漁業

新・方程式

鳥取島根両県が、これから先
成長・発展するためのビジョンを提案いたします。

キーワードは、「県外需要」ですが
具体的には下記のとおりです。

【マーケティング・ビジョン】
①県外からの観光・旅行客による消費拡大
②県外向けに農産・魚介などの加工品を製造・販売

①は、山陰以外に住んでいる人(潜在顧客)が山陰に遊びに来て
山陰の中で観光・宿泊・土産を消費していただく。

②は、山陰の自然でとれた野菜・肉・魚介を加工した商品
山陰以外の人達(マーケット)を中心に販売し、買っていただく。

(※なぜ加工する必要があるかは次回話します)

鳥取島根両県では、人口減少・高齢化が進んでいます。
縮小傾向にある山陰のマーケットだけで商売をするには限界があります。

いかに山陰以外のお客様を獲得できるかが、
山陰の成長・発展のカギを握っているものと考えます。

このブログでは
この2つのビジョン(=成長・発展のための新たな方程式)を基に
具体的なマーケティング戦略や方策について検討していきます。

tag : 山陰 鳥取 島根 観光・旅行客 マーケティング戦略

山陰のいま

素晴らしい自然、美味しい郷土料理。
観光地としても魅力的な山陰

しかし、残念ながら、
鳥取島根両県は人口減少高齢化
経済・産業・雇用など様々な問題を抱えています。

実は、この問題は今の日本が抱える問題そのものであり
山陰が日本の縮図といっても過言ではありません。

これから先の山陰を成長・発展させていくための
新たな方程式を次回、提案いたします。

tag : 山陰 鳥取 島根 人口減少 高齢化

中国地方 info

FC2Blog Ranking

プロフィール

sanin3132

Author:sanin3132
鳥取県米子市出身
 (現在、福岡県在住)

mail
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
タグリスト

山陰 鳥取県 鳥取 島根 マーケティング 島根県 大山 ゲゲゲの女房 ゲゲゲの鬼太郎 境港市 プロモーション 鳥取市 グリーンツーリズム 倉吉市 植田正治写真美術館 植田正治 ブログ 金持米 金持神社 日野町 リレーション 日本野菜ソムリエ協会 伯耆町 とっとりバーガー タイトル 岸本町 水木しげるロード 高齢化 観光・旅行客 人口減少 観光ツアー 米子 雪下ろしツアー マーケティング戦略 農業 津和野町 観光 基幹産業 JA鳥取西部 漁業 観光振興 女子力向上委員会 京阪神 ハタハタ 海鮮中華まん 浜田市雇用構造改善協議会 秋田県 秋田・鳥取うまいぞハタハタフェスティバル JR三江線 プロモーションミックス B-1グランプリ 浜田市 白ウサギフィナンシェ 磨く 旅行 倉吉市観光協会 癒し とっとり田舎暮らし&農業体験ツアー プレミアムショコラ 寿製菓 モンドセレクション 三江線活性化協議会 青山剛昌 美味しまね認証 大山火の神岳温泉足湯 足湯 福岡市 北九州市 女子旅 広島市 岡山市 山ガール 玄丹そばパスタ 平井伸治 水木しげる 名探偵コナン 国際マンガサミット まんが王国とっとり 玄丹そば 松江市 松江商工会議所 ターゲティング 

鳥取・島根リンク
関連ブログかも?
あわせて読みたい
山陰みちしるべQRコード
QR